20170514120328ehon450

絵本編集者・松田素子さん、作品への情熱語る 京都の書店で|京都新聞


数多くの絵本作品を手がけるフリー編集者松田素子さんの講演会が13日、京都府向日市の絵本・児童書専門店「ワンダーランド」であった。25人の参加者を前に松田さんは、人気絵本作家長谷川義史さんのデビュー作を編集した経緯を紹介。半年かけて描いた絵を全て描き換えるよう求めたエピソードを明かし、「『この人なら絶対できる』という信頼を捨てきれなかった」と振り返った。

情報源:絵本編集者・松田素子さん、作品への情熱語る 京都の書店で|京都新聞

作家の視点と編集者の視点は違っていて当然で、僕たち編集者の役割は「読者を傍観者にしない」ことに尽きます。そのためのやりとりはいくら時間を割いてもやるしかない。