20170421-OYT8I50007-L

子どもたちに絵本の読み聞かせ 図書館でセカンドライフ|読売新聞


横浜市立都筑図書館で、近くに住む福富さんが子どもたちに絵本を朗読する。どの子も飽きることなく聴き入った。福富さんは同館のボランティア「Jiji・Baba隊」の一人。かつては猛烈サラリーマン。50歳代後半で、勤めの傍ら「地域に尽くしたい」と協力するように。「声の強弱、ページをめくるタイミングとか、いろいろ工夫が必要で面白い。定年退職するまで、読み聞かせなんてしたこともなかったのに」と第二の人生を得た喜びを言葉にする。

情報源:子どもたちに絵本の読み聞かせ 図書館でセカンドライフ|読売新聞

人生経験が豊かな人が子どもに与える影響って良いものだと思います。子どもと一緒に工夫を楽しんでいるのが伝わってきますよね。