PK2017080702100062_size0

絵本の原画テーマ 本と美術の展覧会 太田市で|東京新聞


本と美術の展覧会「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり」が、太田市美術館・図書館で開かれている。同館は美術、図書の機能を併せ持ち、絵本・児童書に力を入れているため、市などが絵本原画をテーマに主催した。展示室1では4点の絵本『ふわふわ』『えほんのこども』『こりゃ まてまて』『よるです』の原画全点をその言葉とともに紹介する。展示室2では小説家の長嶋有、福永信と太田市出身の画家・須永有とのコラボレーションを実施。

情報源: 絵本の原画テーマ 本と美術の展覧会 太田市で|東京新聞

タイプの違う4作品のセレクトがナイス。

▶本と美術の展覧会 vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり」
会場:太田市美術館・図書館
会期:10月22日(日)まで
休館日:月曜日
*9月18日と10月9日は祝日のため開館、翌火曜日休館
観覧料
一般:500円
学生および65歳以上:400円
中学生以下:無料

『ふわふわ』
文/村上春樹、絵/安西水丸

『えほんのこども』
文・絵/荒井良二

『こりゃ まてまて』
文/中脇初枝、絵/酒井駒子

『よるです』
文・絵/ザ・キャビンカンパニー