0515_10_erikku04

絵本作家エリック・カールさん 『はらぺこあおむし』誕生秘話|NHK


鮮やかな色彩は、カールさんの絵本に共通した特徴だ。その原点は、戦争体験にあると言う。カールさんを取り巻く状況が大きく変わったのは6歳のとき。両親のふるさと、ドイツに移り住んでまもなく、第2次世界大戦がはじまる。当時の様子を「街では鮮やかなスカーフや服を見ることもなくなり、すべてが灰色だった」と話す。そうした中、12歳のとき、こっそり美術の先生が見せてくれたピカソもマティスの絵画の鮮やかな色が、心に強く刻まれたという。

情報源:絵本作家エリック・カールさん 『はらぺこあおむし』誕生秘話|NHK

カールさんは色の力を知っているんですね。逆に言うと抑圧していたヒトラーもまたその力を知っていたんでしょう。改めて色のある喜びを噛みしめたいと思います。