米アマゾン、NYにも書店 顧客データ生かし販促|日本経済新聞


米アマゾン・ドット・コムは25日、書店「アマゾン・ブックス」をニューヨーク市内で初めて開業した。新刊書の数は3000と書店としての規模は小さいが、ネット通販の顧客データを生かして売れ筋や人気商品の品ぞろえにこだわる。店頭では、音声アシスタント端末「アマゾンエコー」や電子書籍端末「キンドル」といったデジタル端末も陳列している。

情報源:米アマゾン、NYにも書店 顧客データ生かし販促|日本経済新聞

なぜリアルに進出するのか、既存店とどんな違いを出してくるのか。楽しみです。