書店が仕掛け 盛岡駅の雑学コインロッカーが人気 SNSで反響|朝日新聞


JR盛岡駅のコインロッカーが、SNSでも評判を呼んでいる。話題になっているのは駅東側の1階にあるロッカー。約80個の扉に、県内の名産品を描いたイラストや方言の解説、「元々は盛岡県」「江戸時代のロシアの公用日本語は南部弁」など、岩手県にまつわる雑学などがあしらわれている。

情報源:書店が仕掛け 盛岡駅の雑学コインロッカーが人気 SNSで反響|朝日新聞

「さわや書店フェザン店」の従業員らが半年かけてネタ集めした仕掛けだそう。いつもながらさすが。