AS20170405003675_comm

東京で世界の絵本と触れ合える、小さな青い書店|朝日新聞


目白の学習院大学の隣に、青い窓枠が印象的な小さな店がある。「Ehon House」の店内には20カ国以上の国から輸入した絵本や児童書など約4000冊が並ぶ。多くは英語だが、フランス語からアラビア語まで、さまざまな言語の絵本を揃えている。海外のパイプを生かし、『がまくんとかえるくん』のポストカードや、『かいじゅうたちのいるところ』『スイミー』のイラスト入り椅子など、ここにしかない商品も。

情報源:東京で世界の絵本と触れ合える、小さな青い書店|朝日新聞

大人なら日本語版との読み比べも楽しみかたのひとつ。

▶Ehon House
住所:豊島区目白1-7-14 みさとビル1F

『和の行事えほん 英語版』
文・絵/高野紀子
訳/マーガレット・ブリアー
訳/股野儷子

『MR. WUFFLES!』
文・絵/デヴィッド・ウィーズナー

『The South African Alphabet』
著/アレックス・ラティマー