文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く|withnews


「文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか、と私は考えます」。今年3月、大阪大学の文学部長が卒業セレモニーで述べた式辞が、ツイッターで話題になっている。世間からの「文学部って何の役に立つの?」という声に対する考えを語ったものだ。

情報源:文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く|withnews

素敵なスピーチなので読んで欲しい。子どもにとっては絵本での体験が「考えるてがかり」になるんですよね。