AS20170424002639_comm

文化財「平楽寺書店」解体へ|朝日新聞


仏教関係の学術書を扱う京都の老舗出版社「平楽寺書店」の国有形文化財に登録されている「トスカーナ様式」の店舗が、解体されることになった。築90年で老朽化が進んでいるが、所有者が改修費用を賄えなかったという。解体してマンションを併設した店舗兼住宅に建て直されることになり、文化財登録は抹消される。

情報源:文化財「平楽寺書店」解体へ|朝日新聞

『ばあばのおうち』と同じような話。価値を考えると、とてももったいないけど個人所有である以上は出来ることもなく。