岡山市就実小の児童がくまモンと食育学ぶ|産経WEST


食の大切さなどを学んでもらおうと、岡山市の就実小学校で、「くまモン」を招いた授業が行われた。くまモンの登場に全児童約80人が笑顔を見せ、クイズや体操を通じて交流した。同小では食育として、給食の時間に食材の産地などについて学んでいる。熊本県名産品から食の興味を高め、被災地を応援する心を育もうと企画した。

情報源:岡山市就実小の児童がくまモンと食育学ぶ|産経WEST

地元の食材を知ることだけが食育ではないからね。