201703300929_29323

子ども食堂が連携 食材の情報共有|岐阜新聞


一人親や生活に困る家庭の子らに低価格で食事を提供する「子ども食堂」の岐阜県内の運営団体が連携し、「子ども食堂ぎふネットワーク」を来月立ち上げる。全国的な広がりを見せる一方、食材が集められず運営が難しくなる事例もあり、民間企業から届く格安商品のリストを共有するなど、安定して続けられる仕組みを整える。

情報源:子ども食堂が連携 食材の情報共有|岐阜新聞

ビジネスではないけど、普通に考えれば「赤字」になる仕組みなので、継続には工夫が必要です。