展覧会「赤羽末吉・中国とモンゴルの大地」|ちひろ美術館


22歳からの15年間を中国東北部(旧満州)で過ごした赤羽末吉。大陸の自然や伝統文化に魅せられた赤羽は、彼の地で画家としての活動を始め、そこでつかんだ壮大なスケールを後の絵本制作に生かした。中国での足跡をたどるとともに、『スーホの白い馬』『ほしになったりゅうのきば』など中国やモンゴルの大地を舞台にした絵本を紹介する。

情報源:展覧会「赤羽末吉・中国とモンゴルの大地」|ちひろ美術館

▶赤羽末吉・中国とモンゴルの大地展
場所:ちひろ美術館
住所:東京都練馬区下石神井4-7-2
期間:11月9日~2017年1月15日
休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
*年末年始(12月28日~1月1日)
開催時間:10:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
料金
大人:800円
高校生以下:無料
TEL:03-3995-3001

『スーホの白い馬』
再話/大塚勇三
絵/赤羽末吉

『ほしになったりゅうのきば』
再話/君島久子
絵/赤羽末吉