子どもらの小さな社交場、駄菓子屋を見直し|毎日新聞


日本の駄菓子文化を見直そうという動きが出ている。かつて子どもたちは小銭を握りしめ、街の小さな駄菓子屋へと向かった。駄菓子との「正しい」付き合い方をもう一度考えてみたい。東京都江東区の駄菓子屋「ひよこ」の店主は「近所の子の名前や家は全部知っています」と笑顔で話す。

情報源:子どもらの小さな社交場、駄菓子屋を見直し|毎日新聞

小学生の時はおこづかいがほぼなかったので、駄菓子屋でいかに無駄なく、満足度の高い買い物ができるか真剣だったな。