EvnneeAA

外国絵本読み聞かせ22年100回 北島のおはなし会|徳島新聞社


北島町のボランティア「外国絵本のおはなし会」が開いている原語での読み聞かせ会が25日、100回目の節目を迎える。22年間活動を続けてきた斎藤さんと青木さんは「こんなに続くとは思っていなかった」と口をそろえ、さらなる継続に意欲を見せる。これまで取り上げた絵本は米国、ペルー、マレーシアなど49カ国に及び、延べ1800人以上の子どもらが参加した。

情報源:外国絵本読み聞かせ22年100回 北島のおはなし会|徳島新聞社

「原語での」っていうのが良いんですよね。優れた絵本には「調べ」があって、意味はわからなくても、その国の作家が子どもたちに伝えようとした思いを楽しめます。