名古屋市内47図書館を横断検索|読売新聞


名古屋市は1日、市内にある図書館、大学など47館の蔵書をインターネットで調べられる「まるはち横断検索」の実証実験を始めた。蔵書数は989万冊と政令市で全国最大となる。検索して本が見つかれば、該当図書館を訪ねるか、近くの図書館に相談する。2月末までの実験結果をもとに、来年度中の正式導入を目指す。

情報源:名古屋市内47図書館を横断検索|読売新聞

該当図書館を訪れなきゃいけないのはちょっと不便。僕の住む豊島区では区内の蔵書からネット予約して最寄りの図書館で受け取れます。

▶まるはち横断検索