出版物流にもクライシス 撤退・値上げ続出で取次苦境|日本経済新聞


講談社や集英社など出版社十数社が、雑誌の発売日を変えようとしている。これまで発売日が集中していた毎月10日や25日を避け、分散させる方向で検討を始めた。読者の混乱を招きかねない措置だが、背景には撤退が相次ぐ出版物流の危機的状況がある。

情報源:出版物流にもクライシス 撤退・値上げ続出で取次苦境|日本経済新聞