企業型保育所、定員7万人に 政府2万人追加へ|日本経済新聞


政府は企業が従業員や地域の子どもを預かる「企業主導型保育所」の定員数を2017年度末までに合計7万人とする。従来計画から新たに2万人分上積みした。近く運営主体となる企業の募集を始める。20年度末までに待機児童をゼロにする目標の実現に向け、企業との協力をテコに子育て世帯を支援する受け皿の拡大を急ぐ。

情報源:企業型保育所、定員7万人に 政府2万人追加へ|日本経済新聞

「ゼロ」になるまでやるしかない。