20170401105608kodomokaiga450

世界の子ども絵画ずらり 京都市美術館で国際交流展|京都新聞


世界の子どもたちの絵画を集めた「児童画国際交流展」が31日、京都市美術館で始まった。日本をはじめエチオピアやスペインなど9カ国の子どもたちの描いた絵数百点を通して、それぞれの国の暮らしが伝わってくる。ブータンの子どもは民族衣装姿で働く大人を描き、エチオピアの子どもは炭とデンプンを混ぜて作った絵具を使うなど、国柄がにじむ。

情報源:世界の子ども絵画ずらり 京都市美術館で国際交流展|京都新聞

グローバルな時代に輝くのは世界標準よりも独自の文化。日本の子どもたちはどうでしょう。