ドタバタTPPでプーさん自由に 米離脱で文学の版権切れ|東京新聞


英国の児童文学「クマのプーさん」の著作権保護が5月末で切れ、角川書店から新訳本が発行される。環太平洋連携協定(TPP)に盛り込まれた保護期間の延長で著作権切れが20年先に延びることになっていたが、米国の離脱で、プーさんの自由化が実現することになった。

情報源:ドタバタTPPでプーさん自由に 米離脱で文学の版権切れ|東京新聞

へー、そんなことになってたんだ。絵は著作権保護の対象で利用できないとのこと。

新訳『クマのプー』
著/A.A.ミルン
訳/森絵都

『クマのプーさん』
著/A.A.ミルン
絵/E.H.シェパード
訳/石井桃子