カフェや子育て支援室 和歌山市に新図書館|読売新聞


和歌山市教委は、南海電鉄和歌山市駅周辺の再開発事業に伴って整備する新市民図書館の基本設計案を公表した。カフェや子育て支援スペースを設け、調査研究などの機能も充実させる予定で、今月中に正式にとりまとめる。新市民図書館は4階建てで、湊本町の現市民図書館の機能を移し、蔵書数は現在の44万冊から60万冊に増やす。

情報源:カフェや子育て支援室 和歌山市に新図書館|読売新聞

「本を借りるだけでなく、交流、滞在できる場所として使ってもらいたい」。まさにこれからの図書館の役割になっていくと思います。