doll

ぬいぐるみが図書館で「お泊り会」 幼児が絵本好きになるは本当か|J-CAST


「ぬいぐるみ図書館お泊り会」では、子どもからお気に入りのぬいぐるみをひと晩預かり、図書館でぬいぐるみが遊んだり、絵本を読んでいる様子を図書館員が撮影。翌日、迎えにきた子どもに写真と絵本を手渡すと、本への興味が高まるという。そこで、岡山大学などのチームが実際の効果を研究。ぬいぐるみを返した当日は10倍以上、1か月後でも、子どもたちに「お泊り会」を思い出す語りかけを行なうと、ぬいぐるみに読み聞かせをする子の割合が50%いることがわかった。

情報源:ぬいぐるみが図書館で「お泊り会」 幼児が絵本好きになるは本当か|J-CAST

夢見る子どもの「動機づけ」としては最適です。