AS20170613000059_comm

これがクレヨン画? リアル過ぎるコロッケ 絵本作家・加藤休ミさんに聞く|朝日新聞


「クレヨンでおいしそうに描けるか挑みました。気に入っているのは、揚げたてのコロッケ。半月かけて色を重ねたり直したりして、衣のカラリ感や焦げた感じを出しました。あんな質感、二度は描けないかもしれません。人と違うことをして面白がられたり、びっくりされたりするのが好き。でも、気づいてもらえないことも多い。クレヨンのイメージとかけ離れているのかもしれません。」

情報源:これがクレヨン画? リアル過ぎるコロッケ 絵本作家・加藤休ミさんに聞く|朝日新聞

この記事でかなりの人がびっくりしたんじゃないでしょうか。時間差はあったけど、大成功ということで。

『きょうのごはん』
ぶん・え/加藤休ミ