「海きれいに」みんなで約束 宮古・保育所で環境教室|岩手日報


宮古海上保安署は29日、宮古市の磯鶏保育所で海洋環境教室を開いた。園児たちは紙芝居などを通して海の環境保全や署員の仕事を学んだ。紙芝居「うみがめマリンの大冒険」は、ウミガメがレジ袋を餌と間違えて食べてしまうという物語。署員が「海にごみを捨てないで」とお願いすると、園児は「はーい」と大きな声で答えた。

情報源:「海きれいに」みんなで約束 宮古・保育所で環境教室

本当に大事なことは幼稚園までに学ぶ。大人こそ忘れちゃいけないんですよ。