「子ども保険」経団連が懸念 子育て支援財源を提言|日本経済新聞


経団連は子育て支援の財源に関する提言をまとめた。自民党が提案する幼児教育や保育を無償にする「子ども保険」構想は、必要な財源の負担が働く世代と企業に偏っているとして、強い懸念を表明した。代替案として新しい税財源を確保して子育てに充てるべきだと強調。教育国債の構想は「将来世代への負担の先送りは回避すべきだ」として反対した。

情報源:「子ども保険」経団連が懸念 子育て支援財源を提言|日本経済新聞

「現金給付よりも保育所の整備など現物支給が望ましい」は当然。何を解決するためのお金かを明らかにして、それが未来に良いことであればオッケー。そうじゃなければ渋ります。