年始は「カーリル」で絵本の貸出状況をチェック


日本最大の図書館検索サイト「カーリル」で、『なでてなでて』(絵/日隈みさき)と『ぱたぱたえほん』(作/miyauni)の貸出状況をチェックするのが日課になりつつあります。
図書館で本を借りると2週間くらいの貸出期間があるので、日課にすることに全く意味はないのですが、たくさん借りられている状況を目にすると、単純にうれしい気持ちになります。

例えば「東京」の図書館で検索してみると、『なでてなでて』は、93の図書館に置いてもらっていて、そのうち65冊(各図書館1冊だと仮定して)が貸出中ということが分かります。
蔵書の70%が貸出中というのはすごいことで、それだけ良い場所に置いてもらっているんだろうと想像できますし、良い場所に置いてもらっているということは図書館員の方たちに気に入ってもらえたんだろうと想像できます。『ぱたぱたえほん』は33館のうち26冊が貸出中で80%近く。

tosho

図書館が大量の新刊を購入して貸し出すことや、文庫本の貸出について問題提起があったときに、以前は僕も「一理ある」と思ったことがありました。
でも、実際に手掛けた本が図書館を介して読者に届く状況を見ていると、視点がぐるりと変わり、世界が違ってみえてきました。どこよりも早く、子どもと本との出会いの場を作ってくれているのは図書館なんですよね。感謝しかないです。

2018年は、昨年末に10年越しのラブコールが実り、ずっとご一緒したかった作家さんと新しい赤ちゃん絵本づくりをスタートさせます。年内に赤ちゃん絵本を2冊くらいは手がけたいと思っています。

法人化にあたって用意した資本金はあっというまになくなりましたよ!